• TOP
  • 標準治療の3本柱
  • 入浴と保湿のスキンケア
  • 炎症を抑える薬物治療
  • 悪化因子探しと対策
  • 標準治療の治療成果

標準治療の治療成果

標準治療の治療成果症例1症例2症例3
どんなに重症でも症状なく暮らせるようになります
次のページへ
治療がうまくいかない重症の人のほとんどは、不適切な治療や、不適切な外用薬の使い方が原因になっています。
ステロイドの外用を主体とした標準的な治療を適切に行えば、短期間で症状は改善し、根気よく取り組むことで症状なく普通に暮らせるようになります。
1〜2週間治療しても症状が改善しない場合、ステロイド外用薬のランクや塗る回数、スキンケアを再確認するとともに、別の原因を探る必要もあります。
重症患者さんも必ず軽快します
  • 標準治療を行っても改善しない時には・・・
  • 入浴やシャワーの回数、体の洗い方や保湿、外用薬を塗る回数、量を再確認しましょう。
  • 主治医にステロイド外用薬の強さが適切か見直してもらいましょう。
  • 主治医に感染症や他のアレルギーなどの原因を検討してもらいましょう。
  • ステロイド外用薬を使うことに不安をもっている人がいます。ステロイド外用薬は症状に合わせて最初に必要な量をたっぷりと使い、ゆっくりと減らしていくのが基本です。適切に使えば副作用も心配ありません。
    心配されるのは、ステロイドを怖がるあまり、治療がうまくいかずに強い痒みが絶えず、眠れないことで、子どもの成長に影響してしまうことです。