• TOP
  • 標準治療の3本柱
  • 入浴と保湿のスキンケア
  • 炎症を抑える薬物治療
  • 悪化因子探しと対策
  • 標準治療の治療成果

入浴と保湿のスキンケア

汚れを落とし、保湿するスキンケア体を洗う時のポイントじょうずな保湿の方法保湿薬の塗り方
体を洗う時のポイント
次のページへ
  • 入浴やシャワーは、一日2回が基本です。
  • 運動をして汗をかいた後にも入浴やシャワーで汚れを洗い流し、皮膚を刺激する雑菌が増えるのを抑えましょう。
  • 石鹸は添加物などが入っていない普通の石鹸を使います。しっかりと泡立てて、手で洗いましょう。「泡立てネット」や、泡の出てくる「ポンプ式」の石鹸も便利です。
  • 子どもがいやがる顔や目のまわり、湿疹や赤みのあるところもしっかりと洗いましょう。痛いのは最初の数回だけ、治療の効果が高まります。
  • 皮膚を傷つけるナイロンのタオルやスポンジ、目の粗いタオルは避けましょう。
  • 洗ったあとは、ぬるめのお湯で十分にすすぎ、しっかりと石鹸を洗い流しましょう。
  • 高温での入浴やシャワー、長時間の入浴は、かゆみが起きやすいので避けましょう。
  • 体を拭くときはやさしく、タオルでおさえるように。
  • 入浴後は、すぐに保湿薬をぬりましょう。