• TOP
  • 標準治療の3本柱
  • 入浴と保湿のスキンケア
  • 炎症を抑える薬物治療
  • 悪化因子探しと対策
  • 標準治療の治療成果

入浴と保湿のスキンケア

汚れを落とし、保湿するスキンケア体を洗う時のポイントじょうずな保湿の方法保湿薬の塗り方
保湿薬の塗り方

炎症を抑える薬より、少し広い範囲に少し多めの量を塗るのがコツです。

  • 保湿薬の塗り方は、基本的に炎症を抑える薬の塗り方と同じです。保湿薬を広めに塗り、湿疹のあるところにはステロイドやタクロリムス外用薬を塗ります。
  • 炎症を抑えるための外用薬と同じように、大人の指先の関節1つ分の長さの量(約0.5g=1 FTU=Finger Tip Unit:フィンガー・チップ・ユニット)で大人の手2枚分の面積に塗るのが使用量の目安です。
  • 塗るときは、少し多めの保湿薬を皮膚にちょんちょんと置くようにして、こすらず、やさしく手のひらで広げます。
  • 関節やシワの部分はのばして塗り、また目や耳の周りも忘れずに塗りましょう。
外用薬の塗り方