油症の現況と治療の手引き

- 油症患者様ならびに医療機関の皆様へ -

全国油症治療研究班では、これまでに行ってきた検診、疫学調査、臨床試験をもとに油症の現況と治療についてのリーフレットを作成しました。一般に環境汚染物質による健康被害は、通常の診療で遭遇する機会が少なく、その多彩な症状を経験することはまれです。ダイオキシン・PCB中毒である油症もその一つです。

ダイオキシン・PCB中毒の症状が教科書に書いてあるわけではありませんので、患者さんがかかりつけ医を受診する際に、油症の話をされてもなかなか理解してもらえないことも多いと思います。そこで、見やすく理解しやすいリーフレットを作成し、患者さんにお渡しし、かかりつけ医の先生方とのコミュニケーションを図っていただきたいと考えました。

油症は現在もなお続いている問題です。このリーフレットが患者さんそれぞれのかかりつけ医と九州大学病院油症ダイオキシン研究診療センターとの連携を深める手立てとなることを心から期待しています。

全国油症治療研究班
九州大学病院油症ダイオキシン研究診療センター

油症の現況と治療の手引き −油症患者様ならびに医療機関の皆様へ−
油症の現況と治療の手引き −油症患者様ならびに医療機関の皆様へ−
PDF形式 5.2MB
閉じる